• ホーム
  • 私たちの思い~著作権について~

私たちの思い~著作権について~

私たちは、作品の創り手と受け取る人たちをつなぐ役割が出来ればと思って
このお店をオープンしました。

世の中にはメジャーなメディアにはのらない素敵な作品が沢山あります。
それらの作品を、ジャンルも個性も関係なく、大好きだ!と思うものだけを自分たちの感性で集め、それを私たちの言葉で紹介していきたいと思っています。

ここで販売している作品には、全て著作権が存在します。
このお店で扱う作品には、JASRAC管理楽曲でない曲も存在しますが
それは「著作権がない」ということではありません。
JASRACが管理していてもしていなくても、著作権は、著作者本人に存在します。

著作権法において、個人が購入したものは、個人で楽しむ以外に
コピーすることは禁じられています。
また、営利を目的とする作品の演奏や上演においては、許可が必要です。

私たちが届けるダウンロード音源や、CDや楽譜には、コピーを防ぐためのガードはとられていません。
しかしそれは、私たちがコピーを認めている事ではありません。

芸術家は、当然の事ながら作品を提供して生活し
次への創作の資金としています。
会社が商品を販売した売上で運営されるように、飲食店が食事を提供した売上で次の食品を仕入れるように、芸術家も、経済活動をしています。
芸術家の経済活動を支える事は、文化芸術を発展させる大きな力であると私たちは思っています。
つまり、みなさまもお金を出して作品を買って下さるという形で、文化芸術の発展に寄与しているのです。

コピーをしてしまえば、その経済活動の循環はそこで止まってしまいます。
次のいい作品が生まれる芽を摘んでしまうことにもなりかねません。
ただし、「個人で楽しむ範囲」がどこまでOKで、
どこからが著作権侵害に当たるのか、なかなか難しいと思います。

まずお願いしたい事は、基本的に、ご自分が購入した音源、楽譜、CD等をコピーして他の人に渡さないということです。
そして、団体で使うなど個人で楽しむ以外の利用にあたるかも?という場合は
X-jam Art Shopまで是非お問い合わせいただきたいということです。

ほとんどの芸術家は、作品が広まる事を大変喜びます。
ですので、お問い合わせいただいた上での作品の色々な活用は
とても素敵な事です。
そこから新しい作品創りの循環が始まる可能性もあります。

私たちは、創り手と受け手の距離をより近く、深く
つなげていきたいと思っています。
どうぞ個人的に存分に楽しんでいただき、その輪を広げたいと思った際には、些細な事でもお問い合わせください。
そうやって、私たちとご一緒に芸術家を育て、文化芸術を育てていっていただければ、嬉しいです。